下 腹部 痛み。 左下の腹痛:医師が考える原因と受診の目安|症状辞典

痛み 下 腹部

高齢の方や糖尿病の方は無痛性心筋梗塞といって痛みを感じない心筋梗塞を起こしている場合もあり、だるさや吐き気が特徴ですが痛みがないからと言って症状が軽いわけではありません。 体性痛 炎症が波及して、腹膜や腸管膜、横隔膜などに波及して起こる痛みです。

ただ、元々便秘気味なのであれば、便秘を根本的に解決しなければ繰り返す可能性は高いでしょう。 卵巣出血 卵巣出血は卵巣の中で出血を起こしてしまうことを言います。
痛み 下 腹部

子宮筋腫 子宮筋腫は女性に多い良性腫瘍です。 痛みの他にも発熱や血便も起こしてしまうことがあります。

17
しかし糖や蛋白質を保存してエネルギーに変えてくれる代謝能力やアルコールや有害物質の解毒、胆汁の生成をしてくれる能力があり、人体にとって最も大切な臓器の一つです。
痛み 下 腹部

スポンサーリンク 尿管結石・水腎症 腎臓でつくられた結石が尿管におりてきた場合 尿管結石となります。

9
胃に潰瘍などができている場合や、脾臓に問題が起きているときにもここに痛みが発生します。 下腹部痛に多い『便秘症』 お腹の左下にある大腸の一部のS状結腸に便が滞りやすいことから、左下腹部痛が現れることが多いと言われていますが、右下腹部痛が生じることもあります。
痛み 下 腹部

以下に下腹部痛の原因と病気について、また痛み方や他の症状と合わせた時に考えられる原因について説明していきます。 主な症状は、 下腹部痛や 腰痛、 出血(少量かつ一過性であることが多い)などです。

14
その他にも自律神経の影響で腸の蠕動運動が低下する過敏性腸症候群や大腸がんなどの病気の初期徴候として便秘がみられることもあるので、特に腹痛などを伴う場合は便秘だけと決めつけず、消化器内科へご相談ください。
痛み 下 腹部

前立腺炎、前立腺肥大症、前立腺がんについて、それぞれ詳しく説明していきます。 卵巣出血 卵巣出血では、黄体出血と呼ばれる月経予定の約1週間前に起こるものが最多です。

12
腹部上部真ん中あたり お腹の真ん中から上の部分に痛みがある場合は、など、胃から食道に至る部分に問題を起こしている可能性があります。 痛みの原因を探るには専門機関で医師による診察や検査が必要ですが、 病気の特徴について知っておくと症状の経過をたどるのにもきっと役立つことでしょう。
痛み 下 腹部

もし継続的に痛みが生じるような場合は他の原因が考えられるので注意が必要です。 また鍼灸治療も肋間神経痛に効果的だと言われています。 それ以上大きくなると薬物療法や内視鏡手術、レーザー手術で結石を壊したり取り除く治療が行われます。

便秘かなと思ったら 栄養バランスの整った規則正しい食事が大事です。
痛み 下 腹部

以下で詳しくお伝えしていますので、ぜひご覧ください! 参考: 潰瘍性大腸炎 潰瘍性大腸炎は大腸の粘膜で炎症が起きてしまう病気のことです。 急性虫垂炎 大腸の一部である 虫垂 ちゅうすい に炎症が起きる病気で、一般的には盲腸と呼ばれています。 虫垂に 化膿性の炎症が起こります。

8
原因 胃びらんの原因は医学的にはっきりこれというものはありません。
痛み 下 腹部

症状も急な腹痛や下血といった分かりやすいものなので、このような症状があればすぐに病院を受診するようにしてくださいね。 内臓の冷えの原因には、• もし腹痛が腰の高さあたりの左側から来ているものであれば、その原因は腎臓の感染症や腎臓結石かもしれません。 関連痛 痛みの原因となっている場所とは別の所で痛みを感じることです。

心窩部で想定される臓器は、胃、十二指腸、胆嚢、膵臓、食道、横行結腸、大動脈、心臓などがあります。