津軽 海峡 フェリー 函館。 津軽海峡フェリーと青函フェリーの違い!料金と設備を比較

海峡 函館 津軽 フェリー

1978年3月進水、函館ドック建造。 1948年3月青森港配属、1969年1月係船、4月売却。

1
船名の由来は、インド神話の(風の神)より。
海峡 函館 津軽 フェリー

日本側でこの写真が再発見された1978年頃は翔鳳丸か飛鸞丸か定かでなかった。 (大正12年)12月15日からは、一部完成した車載客船・車両渡船岸壁(南側から2番目、建設当初は第1岸壁、戦後の第2岸壁と呼ばれた )を先行使用する形でようやく直接着岸可能となった。 細江丸 - 木造船、28. (浦賀) 1944年(昭和19年)1月14日、就航。

8
また、青森側でも、(昭和21年)から(昭和23年)にかけての短期間、夏泊半島東側のに改装貨車渡船用の桟橋を急造し、上記の有川埠頭との間にLST改装貨車渡船航路が開設されていたことがあった。 盛岡・函館きっぷ:・「」(青森港フェリーターミナル - 盛岡駅西口)• 航路 [ ] 手前:スマートチェックインゲート 右奥:函館フェリーターミナル - 通称「津軽海峡ロード」。
海峡 函館 津軽 フェリー

HBCテレビ の日曜13:54 - 14:00・木曜22:54 - 23:00枠天気予報でスポンサーを務めている。 フェリー乗り場 この2社を比べるうえで、 フェリー乗り場の位置も重要になると思います。 (昭和39年)• ターミナルにて乗船申込書に記入(車の方は車検証を持参)して申し込む。

7
車載客船 洞爺丸型• しらかみ丸(初代) - 鋼船、162. 5月6日 -「」が就航• 青函航路撤退後下関に係留。
海峡 函館 津軽 フェリー

- 235総トン・全長30m・幅8. 「えさん2000」就航に伴い引退。

10
5月16日 - により岸壁・可動橋に被害が発生して客扱い・自動車航送が一時停止• 東京・函館きっぷ• 11月22日 -「」が就航 1945年7月14日、青森港沖で爆撃を受ける翔鳳丸。 1948年(昭和23年)10月22日、就航。
海峡 函館 津軽 フェリー

6ノット・50馬力。 2月3日 - 連絡船内にて、食堂の営業を開始• 青函連絡船史p262~270 国鉄青函船舶鉄道管理局1970• 1937年4月進水、泉原造船建造。

1947年5月進水、鶴見造船所建造。 9ノット・出力100馬力。
海峡 函館 津軽 フェリー

2008年• 青函連絡船史p315 国鉄青函船舶鉄道管理局1970• 売却後1991年(平成3年)に石狩丸(3代)と同じの海運会社「ポセイドンライン」に転売された。 日本人の乗車も許可され、同列車のの航送再開• 1979年 - 「第三恵山丸」就航。

1
。 なお、いずれも乗船者の運賃別である。