クロベタゾール プロピオン 酸 エステル 軟膏 0.05 myk。 ベタメタゾン酪酸エステルプロピオン酸エステル軟膏0.05%「MYK」(佐藤製薬株式会社)

酸 エステル プロピオン 0.05 クロベタゾール myk 軟膏

O クロベタゾン酪酸エステル 0. 大量又は長期にわたる広範囲の使用[特に密封法(ODT)]により、副腎皮質ステロイド剤を全身投与した場合と同様な症状があらわれることがあるので、特別な場合を除き長期大量使用や密封法(ODT)を極力避けること。 2.使用方法:患者に治療以外の目的(化粧下、ひげそり後など)には使用しないよう注意する。

症状改善後は、速やかに他のより緩和な局所療法に転換する。 妊娠または授乳中• 使用方法 患者に化粧下、ひげそり後などに使用することのないよう注意すること。
酸 エステル プロピオン 0.05 クロベタゾール myk 軟膏

細菌・真菌・スピロヘータ・ウイルス皮膚感染症及び動物性皮膚疾患(疥癬・けじらみ等)[感染を悪化させるおそれがある]• ステロイドの強さと副作用は、必ずしも一致しません。 2.皮膚萎縮、ステロイド潮紅などの局所的副作用が発現しやすいので、特に顔面、頚、陰部、間擦部位の皮疹への使用には、適応症、症状の程度を十分考慮する。

12
05%• また、ステロイドざ瘡、魚鱗癬様皮膚変化、一過性皮膚刺激感、皮膚乾燥が現れることがある。 妊婦、産婦、授乳婦等への使用 妊婦又は妊娠している可能性のある婦人に対しては使用しないことが望ましい[動物実験(ラット)で催奇形作用が報告されている]。
酸 エステル プロピオン 0.05 クロベタゾール myk 軟膏

O 大人・子供ともに、顔を含めた全身に処方される。 高齢者への使用 一般に高齢者では副作用が現れやすいので、大量又は長期にわたる広範囲の密封法 ODT 等の使用に際しては特に注意する。 2回分を一度に使ってはいけません。

細菌皮膚感染症・真菌皮膚感染症・スピロヘータ皮膚感染症・ウイルス皮膚感染症及び動物性皮膚疾患 疥癬・けじらみ等 [感染を悪化させる恐れがある]。 妊婦・産婦・授乳婦等への使用 妊婦又は妊娠している可能性のある婦人に対しては使用しないことが望ましい[動物実験 ラット で催奇形作用が報告されている]。
酸 エステル プロピオン 0.05 クロベタゾール myk 軟膏

禁忌 【禁忌】 次の場合には使用しないこと• 連続使用は大人で2週間以内、子供で1週間以内に。 大量又は長期にわたる広範囲の使用、密封法(ODT)により緑内障、白内障等の症状があらわれることがある。

3
9円/g 製薬会社• 以前に薬を使用して、かゆみ、発疹などのアレルギー症状が出たことがある。 連続使用は大人で2週間以内、子供で1週間以内に。
酸 エステル プロピオン 0.05 クロベタゾール myk 軟膏

重大な副作用 眼圧亢進、緑内障、白内障:眼瞼皮膚への使用に際しては、眼圧亢進、緑内障、白内障を起こすことがあるので注意する。

5
潰瘍(ベーチェット病は除く)、第2度深在性以上の熱傷・凍傷[皮膚の再生が抑制され、治癒が著しく遅れるおそれがある] 副作用 眼圧亢進、緑内障、白内障 眼瞼皮膚への使用に際しては、眼圧亢進、緑内障、白内障を起こすことがあるので注意すること。
酸 エステル プロピオン 0.05 クロベタゾール myk 軟膏

(取扱い上の注意) 安定性試験:最終包装品を用いた長期保存試験(室温、6年間)の結果、外観及び含量等は規格の範囲内であり、本剤は通常の市場流通下において5年間安定であることが確認された。 O,C ベタメタゾン酪酸エステルプロピオン酸エステル 0. 本剤の使用により症状の改善がみられない場合又は症状の悪化をみる場合は使用を中止すること。

12
佐藤製薬株式会社 薬剤一覧• 1.重大な副作用 眼圧亢進、緑内障、白内障:眼瞼皮膚への使用に際しては、眼圧亢進、緑内障、白内障を起こすことがあるので注意する。 症状改善後は、できるだけ速やかに使用を中止すること。
酸 エステル プロピオン 0.05 クロベタゾール myk 軟膏

顔や外陰部は吸収率が高いとされています。

1
化粧下、ひげそり後などには使わないでください。