マガジン 連載。 月刊少年マガジン

連載 マガジン

主催賞 [ ] 年4回(2月、5月、8月、11月)応募締め切り、3ヶ月後発表。 (・)• また寅さんこと(1973年5・6号 )や監督(1970年45号 )が表紙を飾ったこともあった。

18
(原作:、漫画:)• 台湾で発売されている週刊少年漫画雑誌。 ()1982年3月号 - 1983年• 読み切りが掲載されると、SNSで「絵が可愛い!」「キャラクターが最高!」と話題になり、読者アンケートが好評だったことを受けて、同誌史上最速で連載化されることになった。
連載 マガジン

特徴 [ ] 劇画路線 [ ] の際、が『週刊少年マガジン』から原稿を引き上げたため、対立軸を明確にすべくに路線をとったことで知られる。 土曜日• 1997年、2014年にアニメ化()。

2
(原作:、漫画:) 金曜日 [ ]• 1989年 - 1994年 平成時代の幕開けとなった1990年代前半は大ヒット作となる「」の連載が開始され、『マガジン』史上最も連載期間の長い 「」「」「」「」などのスポーツ漫画や、「」「」「」などのの分野でヒット作が続出。 また、『』と『』の三点リーダーや『』の木津千里の台詞にある句読点など、例外も存在する。
連載 マガジン

(三枝義浩) 2005年• 第2次黄金期の過渡期である2000年1号時点の連載作品 作品名 作者 原作者 備考 TVアニメ化 OVAアニメ化 実写映画、TVアニメ化 TVドラマ化 TVドラマ、実写映画、TVアニメ化 実写ドラマ、TVアニメ化 「コータローまかりとおる! ()1987年2月号 - 1989年• マガジンワンダー(本誌増刊) 本誌と別の編集部 [ ]• 電子雑誌としてリニューアルされた。 (現職) 掲載作一覧 [ ] 連載中作品 [ ] 以下、2021年1月6日(2021年1月号)現在連載中の作品。

10
関西テレビ・フジテレビ系列 2003年7月1日 - 9月9日 日本テレビ系列 2007年7月3日 - 9月11日 2003年にでアニメ化。 」などの看板漫画を擁する『マガジン』は、看板漫画を失った『ジャンプ』との差を徐々に縮め、1997年にはついに『ジャンプ』を抜き久々に発行部数首位の座を取り返す。
連載 マガジン

『』とは異なり、アンケート至上主義ではないが、アンケートで人気が芳しくなかった作品はとなることが多い。 当初は火曜日発売で定価は40円だったが、同年5号で30円に値下げ。 「王者『ジャンプ』失速 部数公表できぬ苦境」『朝日新聞』1996年4月4日付東京朝刊、19頁。

5
(・)• 2005年 - 2006年 240円• (原作:、漫画:) 土曜日 [ ]• ()1998年6月号 - 2003年12月号• 1959年 20万5000部(創刊号)• 毎週発売。 2020年5月下旬から7月上旬まではの影響で、紙版ではそれまで表紙の中心だった巻頭グラビアの代わりに、巻頭カラーを飾る漫画作品が表紙の中心になる傾向となった。
連載 マガジン

(2008年-2018年)• 1998年新年号 445万部• 創刊60周年記念としての作品「」、「」、「」とのクロスオーバー漫画「」が作者本人によって連載される。 2014年版のタイトルは「金田一少年の事件簿N(neo)」。 2013年1号に「はじめの一歩」が週刊少年マガジン初となる連載1000回を達成し、同年には「魔法先生ネギま! 1987年1月号 105万部 2月号〜4月号 各113万部 8月号・9月号 122〜124万部• ショートギャグにも比重を置いていることから専門の漫画家も多く起用しており、過去にはや、現在はやがそれに該当する。

(・)2006年10月号 - 2017年8月号• ()1992年2月号 - 1994年3月号• 月曜日• 文句なしの連載決定です。 そしてこれが初連載! 『甘神さんちの三姉妹』共々、よろしくお願いいたします!」と話している。
連載 マガジン

2004年 272万部• ()1976年4月号 - 7月号• 2008年に連載していたルポ漫画『発掘! 誌上で「読み切り」または「短期集中連載」と銘打っていたものを本項で扱う。 (村生ミオ)• これらと従来の連載陣に加えて、『サンデー』から移籍したが「」の連載を開始したり、巻末漫画として「」が定着するなど、の分野でも個性的なヒット作が登場した。 シリーズものの場合は継続性のない 単行本の際に第1巻~ 作品は「新連載」としてカウントし、「通常連載」開始号を記載する。

13
()2015年4月号 - 2015年12月号• 編集長は元本誌編集者の。 〜リンゴの唄 (三枝義浩) 2005年 年別掲載作品一覧• この影響は大きく、神奈川県児童福祉審議会が1970年32号をに指定。