モンベル ストーム バイカー。 モンベルのバイク用レインウェア「ストームバイカー」はしなやかな着心地で軽い!

バイカー モンベル ストーム

50歳でバイクに目覚めたおじさんが、雨用にとモンベルから発売されているバイカー専用レインウェア『 モンベルストームバイカー』を購入しました。 ストームバイカーもお値段以上の価値を感じるのは間違いありません。

14
3社のバイク用レインウエアを使ってみた 色々なメーカーが販売している、バイク用レインウエア。
バイカー モンベル ストーム

モンベルはアウトドア用品だけでなくバイク用アイテムも販売していますが、僕が展示会に行くようになったここ4、5年はラインナップが変わっておらず仕様変更も行われていません。 最近のレインウェアは出っぱなしが主流。

9
激しい風雨を遮るフロントジッパー 私が購入したストームバイカー、 サイズはMでカラーは サンセットオレンジ SSOG に決めました。
バイカー モンベル ストーム

細部を見ると、さすがバイカー専用ということで良く考えられているなーと素人なりに思うところが多かったので細かい部分までレビューしてみたいと思います。 1万3500円というと高く感じてしまうかもしれませんが、先に傷んでしまいやすいパンツが4536円で売られているので長く使うことが出来そうです。

7
たとえば、ぜったいに浸水しないようにファスナー部分を工夫したり、快適な視界を保つために、フードの構造を考えたりもしています。
バイカー モンベル ストーム

今回ご紹介する『 モンベル ストームクルーザー』はそんな悩みを払拭し、 さらに防寒、防風もしてくれるという優れものです。 製品寿命を長くするため、常に清潔に保ちましょう。

9
・高温多湿を避ける 車内や屋外倉庫など高温多湿になる場所は避け、温度が上がらず風通しのよいところを選びましょう。 フラップがいらないので、軽量化にもつながっていて、開け閉めがめっちゃ楽。
バイカー モンベル ストーム

ですが濡れることはありませんでした。 命を守るのは透湿性 モンベルのレインウエアをはじめ、高品質なレインウェアの素材は雨を防ぐ「 防水性」と、ウェアの内部を乾いた状態に保つ「 透湿性」をもった素材を表と裏地を貼り合わせて作られています。 細かいところですが、すっごく考えて作られています。

各部の機能は問題なく使えています。
バイカー モンベル ストーム

ストームクルーザーは、旧モデルより重くなることも、大きくなることも、決してありません。 ジッパー付き内ポケット1個• モンベルのレインウエアにはゴアテックスやモンベルの独自素材ドライテックなどの防水透湿性素材が採用されているんですけど、これらの素材にはた~くさんのアナがあいています。 こと、ハレロゴです。

10
3s ease-out;-ms-transition:all. ですのでまだ汚れていない今のうちにレビューをしてみる事にしました。 こちらがポケット。
バイカー モンベル ストーム

nivo-lightbox-effect-slideDown,. 2s ease-in-out;-moz-transition:all. バイク乗車時はフードがついているとバタつきますし、雨がフードに溜まってしまいます。 少し値段は高めではありますが走行中に水没したり腕や裾がバタついたりしてストレスを感じるくらいなら、モンベルレインウェア 『ストームバイカー』を購入することをオススメします。

一般的に、肌に触れるベースレイヤーは吸水拡散性、中間着のミドルレイヤーは保温性、アウターレイヤーは風、雪(雨)から身を守る遮断性を求められます。
バイカー モンベル ストーム

内側は見た目ほどシャカシャカとした感じはないので普通に脱ぎ着がしやすいです。

14
なんてことはありませんか?僕も 冬場(12月~1月)の河川沿いを1日数km、2ヶ月に渡って練り歩いた際に痛感しました。