サンズ 対 シクサーズ。 NBAの歴史に残る乱闘劇5選

シクサーズ サンズ 対

以下では、忘れてはならない過去の事件と当時の制裁を振り返りつつ、今一度、バスケットボールが紳士なスポーツでなければならない理由を再確認していきたい。

19
初年度は16勝66敗とリーグ最下位に終わり、翌シーズンは39勝まで勝ちを増やしたものの勝ち越すことはできなかった。 3月15日に行われた戦でオスカー・ロバートソン、に次ぐ、ルーキーシーズンに1000得点、500リバウンド、500アシストを達成したNBA史上3人目の選手となった。
シクサーズ サンズ 対

10月4日のとのプレシーズンマッチで、1年越しのNBAデビュー。 マイケルジョーダンがMVP、ダンクコンテスト受賞と、大活躍した'87-'88年シーズンに使用していたJORDAN3のオリジナルカラーが待望の復刻。

3
チーム記録 [ ] 脚註 [ ] [] 1968-1970 -- 1969-1970 -- 1970-1972 -- 1972-1973 -- ジェリー・コランジェロ Jerry Colangelo 1972-1973 -- 19736-1987 -- 1986-1987 -- 1987-88 -- コットン・フィッツシモンズ Cotton Fitzsimmons 1988-1992 -- 1992-1996 -- コットン・フィッツシモンズ Cotton Fitzsimmons 1995-1997 -- 1996-2000 -- 19992002 -- 2001-2004 -- 2003-2008 -- 2008-2009 -- 2008-2013 -- 2012-2013 -- 2013-2016 -- 2016-2017 -- 2017-2018 暫定 -- 2018-2019 -- 2019-. シーズン中にダントーニのオフェンス重視とGMのディフェンス重視の方針に摩擦が起き、互いの関係に亀裂が生じたと報道された。 サンズの勝率は数年に渡り6割を越え、1999-2000シーズン前に加入したとの「バックコート2000」は話題を呼んだが、キッドは妻への暴行が批判され、にに放出された。
シクサーズ サンズ 対

5パーセント) 8月1日:対サンズ(1勝0敗) 8月3日:対ネッツ(2勝0敗) 8月4日:対ペイサーズ(0勝1敗) 8月6日:対シクサーズ(1勝1敗) 8月8日:対ペリカンズ(対戦なし) 8月10日:対サンダー(1勝0敗) 8月12日:対バックス(0勝2敗) 8月14日:対セルティックス(1勝1敗) プレーオフ進出へ向けて8試合を戦うウィザーズにとって、幸運だったのは5. だが、その後ショットが入らず、サンズが6-0のランで点差を一気に縮め、迎えた残り26. サンズ対ニックスの一戦は、テクニカルファウルが12回もコールされ、6選手が退場処分に。 永久欠番 [ ]• リングに向かったスミスに対して、ニックスのマーディー・コリンズ(元ニューヨーク・ニックスほか)がフレグラント・ファウルし、あまりのハードファウルにスミスは激怒。 終盤にかけて0勝2敗と負け越しているヒートと2試合組まれており、この勝敗がシード順を左右することになるかもしれない。

:1979-1982 1980年代 プレイオフ進出:7回• 8アシストを記録した。 ここにイグダーラが8得点6リバウンド6アシストと万能性を活かしたプレーをし、着実に得点を重ねる。
シクサーズ サンズ 対

0パーセント) 8月2日:対シクサーズ(2勝1敗) 8月4日:対ウィザーズ(1勝0敗) 8月5日:対マジック(2勝0敗) 8月7日:対サンズ(1勝0敗) 8月9日:対レイカーズ(1勝0敗) 8月11日:対ヒート(0勝2敗) 8月13日:対ロケッツ(0勝1敗) 8月15日:対ヒート(0勝2敗) 同じ勝率で並ぶシクサーズと初戦で対決。 シーズン中には15連勝と17連勝をし、予想通りの好調を見せ、サンズは61勝21敗の好成績を収めた。

13
5得点を叩き出したが、対戦成績は1勝1敗の5分に終わった。 :1988-1998、2000• デビン・ブッカーが40得点と大爆発し、114対109でサンズが競り勝った。
シクサーズ サンズ 対

勝利の立役者となったブッカーは、フィールドゴール19本中15本と驚異的な成功率で、今シーズン初の40点以上を記録。

8
インサイド、アウトサイド、右、左と様々なプレーヤーがバランス良くシュートを打ち、相手に的を絞らせない。 もう1人のキープレーヤーであるデビッド・リーはキングスのディフェンスに手を焼くものの、11得点として足を引っ張るまでには至らなかった。
シクサーズ サンズ 対

から全体1位指名を受けた。 その原因となったのは、サンズのケビン・ジョンソン(元サンズ)が肘打ち混じりのコンタクトでニックスのドック・リバース(元アトランタ・ホークスほか)をコートに叩きつけたことだ。 第4代コミッショナーを務めた故デビッド・スターンは生前、「ルディとカーミットの間で起きた事件を抜きにして、スポーツ上の暴力は語ることはできない。

:1988-1990• 25 ポジション 背番号 25 身長 211cm 6 ft 11 in 体重 109kg 240 lb ウィングスパン 213cm 7 ft 0 in シュート シューズ 基本情報 本名 Benjamin David Simmons ラテン文字 Ben Simmons 誕生日 1996-07-20 (24歳) 国 出身地 出身 1位 選手経歴 2016- 受賞歴• 現地時間25日(日)に行われたフェニックス・サンズ対フィラデたピンチをジュルー・ホリデーの得点で乗り切ったシクサーズが、104-101で勝利。