ルベン ディアス。 「魔法アシスト」 マンC司令塔の“超絶クロス”を海外メディア称賛「とてつもない」(Football ZONE web)

ディアス ルベン

ストーンズは試合後、ウェストハム戦は難しいものだっとことを語り、「前半の終わりに失点した後、ハーフタイムでは少し落ち込んでいた。 カラバオカップでもライバルのマンチェスター・ユナイテッドを下し、決勝へと進出した。

13
こうした守備意識の向上は、もちろんペップ・グアルディオラ監督らスタッフ陣からのアプローチによるものかもしれないが、ピッチ上におけるディフェンスリーダーが確立されたことも大きく影響していると感じている。 ストーンズは試合後、ウェストハム戦は難しいものだっとことを語り、「前半の終わりに失点した後、ハーフタイムでは少し落ち込んでいた。
ディアス ルベン

「僕は若い。 僕らはここ数週間で慣れ親しんでいるような自由なサッカーができていなかったが、それは彼らが僕らに対して対策してきたということでもある」とデイヴィッド・モイーズ監督率いるを称えている。 2021年6月30日に契約満了となるガルシアは、契約を延長しないことをクラブに伝えており、同ポジションへの2選手の補強はガルシアの退団を見越した動きと言える。

5
英メディア「GIVE ME SPORT」は「ケビン・デ・ブライネがとてつもないアシストでルベン・ディアスの得点を導いた」と見出しを打ち、「ベルギー人はルベン・ディアスの頭にピンポイントの長距離パスを届けた。 」 ルベン・ディアスの追い求めるのは常に勝利です。
ディアス ルベン

このシーズンのプリメイラ・リーガにおける最優秀若手選手賞を受賞しました。 (試合の)次の日、朝8時半からジムにいるんだ。 「彼の横でプレーできるのば僕にとっても素晴らしいことだし、ピッチの中でも外でもいい関係を築くのは簡単だったね。

ストライカーにとってうまくいかない日もあるが、今日は僕とルベンが点を取った。
ディアス ルベン

ストーンズは、2020年夏にベンフィカから加入したディアスの適応力を高く評価し、「彼は新しい国、新しいクラブに来て、今のようなプレーを見せている。 2020-21シーズン、マンチェスター・シティのサッカーが変わった。 ユース・テクニカルコーディネーターのロドリゴ・マガリャンイスは『Goal』で次のように語っている。

15
リーグ戦32試合で3ゴールの記録を残して、プリメイラ・リーガの優勝に多大に活躍。 このポルトガル人DFはプレミアリーグ第3節レスター・シティに2-5で敗れた2日後にクラブに合流。
ディアス ルベン

普段から技術レベルや判断力を見ることはできるが、ルベンはカリスマ的だったんだ」 「彼はキャプテン。 グアルディオラの下でも可能な限りの結果を出し続けている。 彼はシティへのステップアップについてこのように語っている。

だが、ルベン・ディアスほどすぐに結果で応えることができる選手がいるとは思いもよらなかっただろう。
ディアス ルベン

9連勝の間に喫した失点はわずかに2つだけと抜群の安定感を誇っている。

2
シティを率いるペップ・グアルディオラ監督もアストン・ヴィラ戦前の記者会見で「彼のリーダーシップはとてつもなく大きい」とルベン・ディアスを絶賛した。
ディアス ルベン

Football ZONE web編集部. ポルトガル人選手には、若くして国外移籍などを経験した特別な場合を除いて英語を話せる選手は少ない。 相手のセットプレーやクロスボール、シュートなどの際、自陣ボックス内でのディフェンダーの対応は非常に難しいものです。 それも僕らが良いチームであることの一部だ」と語った。

6
次の契約更新の時どこかが手をあげているか楽しみでしかない。
ディアス ルベン

当時、マンチェスター・シティは昨シーズンから突きつけられている課題のために苦戦を強いられていた。 リスボンの北で育ち、当然すぐサッカーを覚えます。 ディアス加入以降、全コンペティションで20のクリーンシートを達成。

19
ベンフィカでもポルトガル代表でも、常に毎試合勝つために戦ってきた。 キャプテンを務めていたヴァンサン・コンパニが去って以来、クラブが本当に必要なピースを取り戻した。
ディアス ルベン

シティは今やプレミアリーグの首位に立ち、リーグ最少失点を誇る。 ポルトガル代表のセンターバックとしての未来は約束されている。

ユース・テクニカルコーディネーターのロドリゴ・マガリャンイスは『Goal』で次のように語っている。