スティーズ ファイア ウルフ。 ダイワ スティーズ (STEEZ) SC 6111M/MHRB ファイアウルフ (ベイト 1ピース ): 竿

ウルフ スティーズ ファイア

または、スティーズと同じ形状である「2020年モデルタトゥーラ SV TW」も良さそうですね。 そうです! オカドバ管理人の相棒、ファットイカです。 ガイド径はセミマイクロぐらいですかね。

14
オサレアイテムの域 やるならガイドが大きいスピニングロッドの方がAGSによる軽量化の恩恵が大きい。 中古ですが4万出して買ったかいがあったと思ってます 釣りしてる時もずっと「やべぇwこれやべぇw」 って感じでにやけるくらい使ってて気持ちよかったです。
ウルフ スティーズ ファイア

最後に感度ですが、これも凄く良かったです。

グラスロッドではありませんしスピニングやベイトの長く自重のあるレングスのロッドでもありませんからロッド自体が様々な形や大きさや重さの物を使う用途のバスロッドです。
ウルフ スティーズ ファイア

困った・・・使用感に対する文句が金額以外に見当たらない感じです。 様々なリグやルアーに対応したスペシャルなロッドが揃うシリーズです。

20
ダイワの回し者ではありませんよ。 5グラムと書いて良いだろう」 という感が否めません。
ウルフ スティーズ ファイア

8割のキャストで対岸まで届くようなフィールドで スポットを打ったり、 中距離を巻いたりするような釣り方がピッタリなのかも知れません。 汎用性を求めて色んなロッドを購入するくらいならこの1本をオススメします。 長年のキャストの感覚とのズレがストレスになる。

19
新型ゾディアス が3月に、カーボンモノコックリールシートで登場. 私が知ってるロッドの中では、一番の感度だと思います。
ウルフ スティーズ ファイア

また、通常のロッドに比べ、極端にティップが繊細な所もポイント。

18
ただ、トリプルフックが3本ついてる長いミノーなどは、ちょっと注意が必要でしょう・・・ルアーの大きさによっては手に刺さります。 ・・・ということで、 とうとう購入してしまったオカドバ管理人です。
ウルフ スティーズ ファイア

川村 光大郎さんが、1年かけて作りあげた傑作だと思います。

18
もちろん、 ファイアウルフとウェアウルフのどちらか一本 という条件を覆し、 ファットイカだけを気持ちよく扱いたいなら、 MとMHの融合であるファイアウルフではなく、 もっと硬いロッドの方が快適なのは確かです。
ウルフ スティーズ ファイア

また既にその段階でジリオンSVTWを始めとして先代のスティーズや現行スティーズも視野に入れています。

2
8gシンカーで使っているがなんのストレスもない。 ブランクスそのものも高弾性で、絶妙なガイドセッティング、適度に軽量なバランス、その全てが良好な感度を生み出していると感じました。
ウルフ スティーズ ファイア

ですが、高弾性なSVFナノプラスで作られたブランクスは、しなやかに曲がるのに非常に強い復元力・反発力があります。 ウェアウルフは、いわゆるライトバーサタイルなリグに標準を絞った竿。

16
8ポンドのラインを使用したり、 クランクベイトを巻いたり出来ることへの配慮だと思いますが、 ファストテーパーのロッドでキャストに慣れている場合は、 キャスト時のタイミングが若干変わるので気をつけたいところです。
ウルフ スティーズ ファイア

3年のダイワのSVリールはほとんど使いましたが、正直そんなに差はないです。 巻物の時は3フィンガー 薬指と小指の相手に突起を持ってくるとパーミングもしっかりしてロッドは安定するが・・ 自分は巻きも右巻きを無理矢理(肩の痛さと戦いながら)左巻きに矯正した派の人なので常に3フィンガー状態に矯正できたら、本当になんの不満もなくオカッパリ1タックル化ができるだろう。 。

だからこんな風に簡単にキャスト出来ます。 その後直ぐにエアエッジを買いましたが嘘じゃない性能を秘めていてファイアウルフって何だったんだ…とショックを受けました。