デュエマ プレイス 環境 デッキ。 【デュエルマスターズ】環境デッキランキング 12月3日更新!|デネブログ

環境 デッキ プレイス デュエマ

低コストのクリーチャーを多く入れ、序盤に数を並べてひたすらシールドを割りに行くというデッキです。

13
5 小型獣の途切れない展開力を発揮するデッキです。 デッキカラーに関しては下記リンク先にて説明しているため、参考にどうぞ。
環境 デッキ プレイス デュエマ

ドロマーイニシエート 評価/ 9. ・また同様に前評判の高かった【パラノーマル】も順当に環境で台頭。 ・《DG-パルテノン ~龍の創り出される地~》がメタカードとしての威力を発揮している。 天下を獲った後にデッキのギミックを解析され、弱点を露呈。

或いは直近で台頭してきたデッキ。 この環境の中で、すでに上位の コントロールデッキで活躍するメインクリーチャーです。
環境 デッキ プレイス デュエマ

・【赤青覇道】や【赤単バルガ】といったビートデッキもCSを勝つだけの実力を持っており、特に大型大会が開催できない現状では結構勝ちきりやすいデッキになるのではないだろうか。

16
・環境トップと見られるドラグナーにも大きな変化があった。
環境 デッキ プレイス デュエマ

DMvault環境 入賞数ランキング で毎日開催されている大会の月間入賞数ランキング。 《「絶対の楯騎士」》や《「雷光の聖騎士」》といったカードが強力で、小型クリーチャーには《凄惨なる牙 パラノーマル》が刺さる。

2
0 速攻に対してはハンデスとブロッカーが刺さります。
環境 デッキ プレイス デュエマ

今後の環境に呪文を中心にした除去コンデッキが増えた際に有効なカードです。 『 アストラル・リーフ』 序盤に召喚必須のまさにキーカードです。

10
その時々の環境によって各デッキの有利不利の判断、投入カードの細かな調整が必要となります。
環境 デッキ プレイス デュエマ

リソースが切れた相手に対して、絶望的な追い込みをすることができます。 基本となるマナカーブは初動 序盤に使うカード が 8枚程度、中盤 初動の以降のターンである2〜4回目に使うことになる カードが 16枚程度、終盤に使いたいカードを 6枚程、ピンチから耐えるためのシールドトリガーを 10枚程度といった感じになります。 例えば、相手はボルコンだからデーモンハンドは終盤まで残しておこう。

・《勇者の1号 ハムカツマン蒼》を使ったタイプの【デイガドラグナー】と、《Code:1059》を祭用した【ラッカドラグナー】の覇権争いは現状ではややラッカに分があるか。 《禁断機関 VV-8》の殿堂の穴を埋めていると言えるだろう。