地震 保険 家財。 地震保険制度の概要 : 財務省

家財 地震 保険

自動車を地震による被害から守りたい場合は、自動車保険で地震による損害を補償してくれる特約を付加しましょう。 人生に必要なもの、それは勇気と想像力、それとほんの少しの「お金」と言われます。 審査期間経過後の対応• 家財の地震保険は補償金額の上限が1,000万円で、地震以外に津波や噴火を含む、損害が一定の基準に達した場合のみ保険金が支払われます。

これを分類した種類ごとに積算して10%以上であれば、家財は一部損と認定され、保険金額の5%(一部損の場合)が保険金として支払われます。 そこで、建物の火災と地震保険、家財の火災と地震保険に加入した場合の目安として表にしてみました。
家財 地震 保険

通貨・有価証券・預貯金証書・印紙・切手など• 保険の対象が建物の場合、建物の主要構造部(基礎・柱・壁・屋根等)の損害の程度に応じて、「全損」「大半損」「小半損」「一部損」を認定します。 詳しくは、各損害保険会社の相談窓口または代理店にご相談ください。

8
補償できる内容は以下の通りである。 (1)今回のポイント ・損害割合が10%以上の場合、保険金が支払われる ・対象となる家財には分類があり、損害割合(%)が決められている ・分類ごとの構成割合を加算し、損害の程度を判断する (2)最後に 実は、私も以前は地震の家財保険には入っていませんでした。
家財 地震 保険

5つの分類ではそれぞれ代表品目があり、たとえば、「電気器具類」であれば「電子レンジ」「テレビ」「パソコン」「エアコン」「掃除機」などが代表品目となります。 地震保険料は、建物のある所在地と建物の構造別によって指定されている基本料率を基に計算します。

6
この点が、保険料を決定するうえでの難しさであり、料率算出団体である当機構が担う役割でもあります。
家財 地震 保険

適用となる損害は、地震、噴火、津波による火災、損壊、埋没、流失の損害• 地震による被害というと「建物」の消失や損壊がイメージされるかもしれませんが、地震保険は「建物」だけでなく「家財」の損害も補償することができます。

11
明記物件 明記物件は火災保険の補償の対象となりますが、地震保険では補償されません。
家財 地震 保険

保険金の使い道は自由 特に、住宅ローンを組んで住宅を購入するような状況を想定します。

19
以下のものは対象外となります。 また、生活用動産には、以下のものは含まれないとされています。
家財 地震 保険

ですので、地震などによって受けた損害すべてが、地震保険で補償されるとは限らないのです。 では、多種多様な家財をこの5種類へどうやって振り分けるかというと、代表品目という分類に従うことになります。

4
そのようなときは、被害の大きかった地区全体でまとめて航空写真で「全損」と地区認定されることもよくあります。