虎穴 に 入ら ずん ば 虎 子 を 得 ず 意味。 【虎穴に入らずんば虎子を得ず】の意味と使い方の例文(語源由来・類義語・対義語)

意味 入ら ず 子 ずん を 得 に 虎 虎穴 ば

「虎穴に入らずんば虎子を得ずと言うし、危険を承知でやってみようか」• この中国の「虎子」という漢字に、日本の「放(ま)る」という読み方を付けたのが、由来となっています。

kanji to hiragana and hiragana to romaji. 」 胡人の召使は恐れおののき、すべて白状してしまった。
意味 入ら ず 子 ずん を 得 に 虎 虎穴 ば

賢明な人間なら事が芽生えてすぐにも気付くものだ、ましてやこの状況では誰の目にも明らかであろう。 ここは火攻めの夜襲をかけ匈奴のやつらを皆殺しにしてしまおう。

20
『虎穴に入らずんば虎子を得ず』の由来 「虎穴に入らずんば虎子を得ず」の由来は、中国の歴史書である『後漢書』の班超伝の一節といわれています。 「計略としては、夜に(敵である匈奴の一支族の)鄯善を火攻めにするだけのことで、こちらの人数が少ないのが分かれば(匈奴の使者は)恐れおののき皆殺しにできるだろう。
意味 入ら ず 子 ずん を 得 に 虎 虎穴 ば

「棚から牡丹餅」は、何かを手に入れようと努力や苦労をせずに、ただ棚の前に寝転がり、口を開けて牡丹餅を待っている様子からできたことわざです。

命を知る者:天命、つまり天から与えられた使命を知っている人• 『虎穴に入らずんば虎子を得ず』の類語 「虎穴に入らずんば虎子を得ず」の類語を2つ紹介します。 班超は彼の気持ちを察し、手を差し伸べて言った。
意味 入ら ず 子 ずん を 得 に 虎 虎穴 ば

虎穴に入らずんば虎子を得ずだ」• そのほか百人余りはことごとく焼け死んだ。

16
班超は、この一家ではちょっと変わった毛色の存在でした。 《訳》 配下の者たちは口々に言った、「いま、われわれは、危急存亡の事態におちいっています。
意味 入ら ず 子 ずん を 得 に 虎 虎穴 ば

「開いた口へ牡丹餅」• 「虎の穴に入らなければ、虎の子供を得ることはできない。 直訳:危険が大きいほど名誉も大きい。 班超はその胡人を閉じ込めると、同行してきた三十六人の部下を集めて、酒を振舞った。

5
冒す=「おかす」と読み、あぶないことやむずかしいことをのりこえて何かをする。 『後漢書』の班超伝からの出典です。
意味 入ら ず 子 ずん を 得 に 虎 虎穴 ば

「火を見たら軍鼓を鳴らし、大声をあげよ」 そのほかは武器を手に、宿営地の両側に潜んだ。 2-2.「虎の子」の由来:虎の親は子供をとても大切にして可愛がる 「虎の子」が「手放さない大切なもの」という意味を表すのは、 虎の親は子供をとても大切にして育てるからです。

「入らずんば」を「はいらずんば」と読むのは誤り。 得る=「える」と読み、とらえる。
意味 入ら ず 子 ずん を 得 に 虎 虎穴 ば

例文1. 命を知る者は巖牆の下に立たず、危ないとわかっているなら始めからやらないほうがいいよ。 虎穴に入らずんば虎子を得ず、挑戦あるのみだ! 例文4. 虎穴に入らずんば虎子を得ず。 「聖人危うきに近寄らず」• 2-1.「虎の子」の意味:手放さない大切なもの 「虎子」の3つ目の意味は「虎の子」で、 「手放さない大切なもの」という意味を持ちます。

例文2. 危ないことは怪我のうちというだろう、そんな一か八かの賭けはしないでくれよ。