ハイパー リーグ 最強 パーティ。 【ポケモンGO】トレーナーバトルの鬼がオススメする「ハイパーリーグ用に育てたいパーティ」第2弾

最強 パーティ リーグ ハイパー

4位は第三世代から 「サーナイト(シャドウ)」です。

10
しかしここまで相手の ギャラドス・トゲキッスへのケアが甘いため三体目に ラプラスを採用した。
最強 パーティ リーグ ハイパー

ただしその二体だとメルメタル・レジスチルといった 鋼タイプへのケアが甘いので ラグラージで補っている。 関連する記事• 「ラグラージ」とまではいきませんが、回転率が凄まじいです。 「タチフサグマ」や「シュバルゴ」が増え相変わらず「はがね」ポケモンも多い環境に対応すべく、「かくとう」タイプの 「ニョロボン」を最初に出すパーティです。

キラ交換したレジスチルを育てるといいのではないでしょうか」 ・カビゴン 「カビゴンはHPがメチャメチャ高く耐久性が抜群です。 それでは、ハイパー版プレミアカップでオススメしたいポケモンを紹介していきます。
最強 パーティ リーグ ハイパー

元々のCPが1900くらいはあるので、そこまでほしのすなはかかりません。 レジスチルよりも耐久は劣るものの、 わざ範囲の広さからどんなポケモンでも腐りにくいのが特徴。

1
鬼によれば今回ご紹介するパーティを1つ作って、 とりあえず様子見するのも大アリだとか。 また、 ハイパーリーグが 不人気の理由としては CP2500以上のポケモン自体 それほど多くないため CPの最大値が2500前後の ポケモンのCPを 2500以下に調整する為には 大量のほしのすなが必要になります。
最強 パーティ リーグ ハイパー

カメックスに関しては 個体値100を最大限に強化しても CP2500には満たないため 出来るだけ強化したいところですが ほしのすなが大量に必要なため 育成コストの面では フシギバナ、 リザードンに 劣るということになります。 でんきタイプが2重弱点だが、ハイパーリーグの環境にでんきタイプは少ないためギャラドスは相対的に強いポケモンとなっている。

11
なお採用率のデータは「みんぽけ」さんから 引用しますがランク9-10帯の採用率を基準と しているとのことで、低ランク帯はもちろん ランク9-10帯でも十分に活躍できる、まさに ハイパーリーグ最強といえるポケモン達です。 以下でご紹介しよう ・ギラティナ(アナザーフォルム) 「ギラティナは ハイパーリーグ版のマリルリだと思って下さい。
最強 パーティ リーグ ハイパー

また、逆に スーパーリーグは CPが1500以下のポケモンに 制限されるため 今まで使うことのなかった 意外なポケモンを 使うことが出来ますので 人気が高いようです。 さらに 水タイプ+@の並びに圧力をかけられる メガニウム、 フェアリー・草・鋼といった対策しづらい並びに強い バクフーンを採用した。 もしかしたらCPが2500まで上がる分、育成コストもかかりますし、 ややハードルが高いのかもしれません。

5
このパーティは最初に「くさむすび・クレセリア」が来るとかなり厳しいため、これに対応したい場合は「ラグラージ」を「アローラベトベトン」や「カビゴン」あたりにするのもアリです。
最強 パーティ リーグ ハイパー

注意したいのは レジスチル相手だと手も足を出ないことです。 Tomorrow、すなわち「 涙の数だけ強くなれるよ」が本当に通じるジャンルなので、ぜひ負けを恐れずに挑戦し続けていただきたい。 通常技「マッドショット」とゲージ技「ハイドロカノン」の組み合わせが強力。

地面が有効な炎タイプや鋼タイプは、水タイプの 「ハイドロカノン」でも押せますし。
最強 パーティ リーグ ハイパー

それは「 負けを恐れないで欲しいです。

15
相手が「ニョロボン」を出してきた場合は対処がかなりキツイです。
最強 パーティ リーグ ハイパー

レジスチル・ラグラージは相性がいい レジスチルとラグラージは相性補完が良い。

12
じしんを採用することではがねタイプに対して強くでれるのも魅力。
最強 パーティ リーグ ハイパー

というわけで、今回もトレーナーバトルの鬼から思わず育てたくなるポケモンを3種類紹介してもらった。

10
また、さきほど述べた「SCP」ですが、「カビゴン」の「SCP」は「ラプラス」に次ぐ高い指標になっています。