呪術 廻 戦 ネタバレ 138。 呪術廻戦ネタバレ138話最新話確定速報!考察感想も!禪院家

戦 138 ネタバレ 廻 呪術

さらに虎杖悠仁は、宿儺に体を乗っ取られていたとはいえ、渋谷で大勢の人間を殺したことから 俺はもう皆と一緒にはいられない と語っており、高専に戻る気はありませんでした。 たしかに、虎杖に関しては元から宿儺を体に入れているという事から 最終的には死罪という形になっていますが それを早めるかのように特急術師である 乙骨憂太に死刑執行人として依頼をしていました! 同じ呪術高専の仲間から狙われるという最悪の展開となった虎杖 さらに、東京の呪術高専の学長も死罪という判決になっているので 虎杖は居場所を失くしてしまう展開になっていると思います! これから孤立して行動するのか? それとも今までのように 釘崎と伏黒との3人で行動するようになるのか? その後の展開は非常に気になってきますね! 3人は特級呪霊に対しても同等くらいの戦いを出来るようになっていると思うので これから先も十分に戦えると思いますが 他の2年や3年たちがどのように動くのかも重要な所だと思います。 上手すぎるその辺。

17
虎杖ここから幸せになれる可能性ってどのくらいあるんでしょ…??? いや、虎杖はもう術師で呪力垂れ流しにならないし、宿儺を宿してると言っても宿儺自体呪霊じゃないしで呪霊枠とは考えてないんじゃないですかね!九十九姉さんの計画上ジャマになる存在ではないと思います。 場面は代わり、乙骨は有権者であると見られる老人と対話しています。
戦 138 ネタバレ 廻 呪術

でも一回殺されかけてるのに弟扱いされて即順応してるのはやっぱりおかしいよ虎杖…。

特に東京に関しては、呪霊が1番多く出てしまっている状況になっているようです。
戦 138 ネタバレ 廻 呪術

そこに登場した偽夏油。 言葉にはしないけど不穏な描写いれるの。

15
そんな中、呪術総監部から術師に向けて通達がされました。
戦 138 ネタバレ 廻 呪術

九十九は偽夏油との戦闘時に迷ったことを虎杖に謝り、ここまで事態が進んでしまったのであれば、一度泳がせて様子を見るべきだと思ったのだと弁解します。 喰われる、という瞬間に一人の男が呪霊を倒しました。

9
被害者は同じ中学校に通っていたと断定され、中学校に調査にくる虎杖ら高専1年生の3人。
戦 138 ネタバレ 廻 呪術

でも普通に一級なのでそれは違うかなと。

一級以上と特級未満の強さだから特別一級術師だと思ってる人達めちゃめちゃいるよなぁ。
戦 138 ネタバレ 廻 呪術

直毘人が伏黒を欲しがってあの条件つけてたなら納得ですね!パパも守ってくれる五条さんが死んだor意思喪失になった場合こういう展開になるって分かってたのかもだ!パパが伏黒のことを守ろうとして直毘人にこの条件を出したってのは「ん~?」ってなったんですけど、この流れならたしかに納得です。 そして遂に任務終了の日になり、高専に帰ってくる五条達。

8
宿儺はこれを好機とばかりに、虎杖の心臓を抜き取り、虎杖を人質に取った上で伏黒に襲いかかります。 さらに、夏油は135話の時に宿儺に対し 『始まるよ 再び』 と言っていたので、昔も呪術全盛という時代が訪れた事があったのでしょう。
戦 138 ネタバレ 廻 呪術

一方で仲間と別れ独自の道を進む虎杖が、呪術界から追われる身となって何をするつもりなのか、今後も楽しみです! 次回、呪術廻戦【第139話】掲載の週刊少年ジャンプ2021年12号の発売日は2月22日になります! まとめ 以上、呪術廻戦【第138話】最新話のネタバレと感想を紹介しました。 虎杖は伏黒達に生還サプライズを行い、ドンズべりしながらも東京校の面々は京都校との対戦に挑むのでした。

1
笑 特別一級術師の階級ですけど、トードさんの考えとは私ちょっと違いまして。 1つ目は27代目当主を直哉にするということです。