仮面 ライダー ダブル。 日本を代表するヒーロー「仮面ライダー」ダブルライダー編

ライダー ダブル 仮面

園咲家 [ ] 自らを「地球に選ばれた家族」と称する、風都への多大な影響力を持つ富豪一家。 Kプロ(後にプロダクション・ショットと改名)として参加した。 劇中でははっきりと描かれていないが、設定上は仮面ライダーを開発した中心人物である。

18
伊藤老人 - 3• 本人曰く「レディーに対して最大の侮辱」らしい。
ライダー ダブル 仮面

エクスビッカー NEVERの最終兵器であるマルチマキシマムドライブシステム。

3
桜井圭太 - 簾内滋之 86• 綾小路律子 - 10• 左右がつながった黄色の複眼 ワイドレンジアイ はティアドロップのがモチーフ。
ライダー ダブル 仮面

探偵事務所を訪れた時に前述の依頼をしようとしたが、翔太郎たちが公式サイト作りのための写真撮影に夢中になっているところを、撮影が終わると写っていた自分が翔太郎たちに幽霊だと勘違いし、パニックになっていたところで気づいた。 帽子は変身前に被っている物で、変身時に一度帽子を外し、変身後に再び被り直す。 ただしエターナルの白はファングとは異なり、パールの強い色となっている。

デザインのコンセプトは「女ライダー」のイメージとして描かれた。
ライダー ダブル 仮面

本郷役にはが候補に挙がっていた。 黒木 - 55• なお、外観や展示品の一部には上野本館のものが使われている。 脚注 [] 注釈• TV Spot• 第2話でも登場します。

あらゆる場所で風車が回る風の街 風都において、荘吉の後を継いで探偵業を営む翔太郎と1年前に救出された少年 フィリップの元に、荘吉の娘 鳴海亜樹子が事務所からの立ち退きを要求しにやってきた。
ライダー ダブル 仮面

この予告では、鳴滝の正体が明らかになるような台詞のほか、彼の首に士のカメラがかかっていたり、夏海・ユウスケが士の敵になったり、もう1人の士=ディケイドが存在し、その彼こそが物語の黒幕であるような演出がなされていた。 2017年6月28日に『W』の続編の企画が発表された際、その少し前にネット上ではビルドの画像が先行拡散してしまっていた。

2
仮面ライダーブレイド• 登場当初は自分の復讐を否定されたうえ、犯罪者に対する考え方の違いなどから、翔太郎たちと馬が合わなかったが、インビジブルメモリの事件を通して翔太郎たちから「仲間」と認められ、自身も彼らを「大切な仲間」だと自覚するようになった。 トランプ占いやトランプ手裏剣が得意。
ライダー ダブル 仮面

中学生の時に見た千手観音に心を打たれ、パズル・ドーパントの能力を使って様々な相手から腕(才能)を買い集めている。 次に起草された『 仮面天使 ( マスク・エンジェル )』が、MBSに提出された最初の企画書となる。 ピエール・アンドレ - エンベル・アルテンバイ 67• 同作品では亜樹子に代わり、変身後は無防備になる身体を弦太朗に支えられた。

20
阿部直樹 - 西城健二 6• 翔太郎たちに正体を明かされてからは、亜樹子にメモリを取り上げられ、撮影チーム・透組を結成させられるが、若菜に拉致され、ガイアプログレッサーを彼女と融合させた。
ライダー ダブル 仮面

一文字隼人(仮面ライダー2号)の登場 上記の事態を受けての討議の結果、「本郷は海外のショッカー支部との戦いに赴き、そのあとを継ぐ新しい仮面ライダーが登場する」という形での新展開が決定した。 『』(2016年4月20日発売) 『』のVシネマ作品。 小説『』「KAMEN RIDER W -Playback-」 を ショウタロウと呼んでいる。

8
風都警察署超常犯罪捜査課の課長を務める刑事。 そこで自分が風都に詳しいことをアピールし、自分も街を守りたいことを話すも、その中でスパイダー・ドーパントについての話をして荘吉にそのことを思い出させてしまい、事務所を追い出される。
ライダー ダブル 仮面

ハインリッヒ博士(声) - 6・7• 実は息子の清がドーパントとなって事件を引き起こしていることを知っており、アイスエイジ・ドーパントが一度目のアクセルとの戦いに逃げていた時、清をかばいアイスエイジメモリを所持したためアクセルに殺されそうになった。 子供への影響力は大きく、ライダーになり切る遊びが子供たちの間で流行した。 マキシマムドライブ ゴールデンエクストリーム 両足に金色のエネルギーを纏い、背中の翼で飛翔しながら強力な両足蹴りを叩き込む。

18
ストリートミュージシャン。 製作協力 -• リリィ白銀 -• 劇場版 仮面ライダーW・天装戦隊ゴセイジャー 3D(Blu-ray 3D1枚組、2011年2月11日発売)• 些細なことにキレる気性が荒い性格で、本作の事件を行った動機も自身の気分を損なった相手を徹底的に叩きのめしたかったためと安直な理由によるものだった。