つたない 意味。 「拙い」とは?意味や使い方をご紹介

意味 つたない

必要に応じて「拙速」を意識できると良いですね。

13
【文例】• 「拙」は「拙い(まずい)」「拙い(つたない)」という意味を持っています。
意味 つたない

至らない点も多々あるかと存じますが、ご指導のほどよろしくお願い申し上げます」 例 「初めてで行き届かない点ばかりですが、精一杯務めさせて頂きます」 気の利かない 『気の利かない』もまた、謙譲語として利用することができます。 他にも、みっともない・格好が悪いという意味の「不格好」や「いたらない」という言葉も類語と言えるでしょう。

18
謙譲語とは、相手に対してへりくだった表現を使うことで 相手に敬意を示す言葉です。
意味 つたない

ほかの人に自慢できるような状態ではない場合、誰かに披露できるほど上手ではない場合に使います。 例えば、『もらう』は『いただく』、『見る』は『拝見する』に変えるだけで謙譲語となります。 上司や取引先など目上の人を前に謙遜の意味で使用されています。

12
これらも「技術などが巧み・上手ではない。
意味 つたない

「拙い」の意味 まずは「拙い」の言葉の意味から紹介しましょう。

18
「恥ずかしながら」「お粗末ながら」と同じ意味合いです。
意味 つたない

状況や相手によって「拙速」に添える言葉を選ぶと良いでしょう。 しかし、大方の相手には好意を持ってもらいやすいため、謙遜する態度はもちろん、謙遜する文章も書けるようになっておきましょう。 ただし、謙遜するときは 同義語に気をつける必要があります。

16
大人げない行動を「稚拙な行動」と表現する 物事の出来栄えの他にも、行動について「稚拙」を用いることができます。
意味 つたない

気持ちばかりですが、引出物をご用意しました。 「拙い」のビジネスシーンでの使い方 「拙い」をビジネスシーンでうまく活用するにはどういった使い方がよいのでしょう。 説明や解説などで長文のメールを送った際によく使う表現です。

3
他には、運が悪いという意味もありますが、あまり一般的ではありません。
意味 つたない

この場合、自分の行動に対して「拙い」を使います。 なかなか辛辣ですね。 「今回の件では、私も含めて全体的に拙速であったように感じています。

4
こちらの使い方であれば、相手を中傷するようなニュアンスは消えます。
意味 つたない

謙遜の意味で使うことが多い 「拙い」は、上手ではない・熟練されていないという意味の言葉ですが、ビジネスシーンではとりわけ、謙遜する意味合いで使うことが多い表現です。 使い方の違いについて、参考にしてみてください。

また、「拙い文章ではございますが、最後までお読み頂きありがとうございます」とはすることもあります。 ビジネスにおいて「稚拙な仕事ぶり」などと評価された場合は、求められる仕事のレベルに達していないことをかなりネガティブに評価されていると心得ておきましょう。