クラシック 音楽 館。 クラシック音楽館

館 クラシック 音楽

期待の若手指揮者・原田慶太楼がユニークな語り口で子どもたちを誘う「指揮者体験コーナー」や、普段なかなか触れる機会のない楽器を実際に手にできる「楽器体験工房」など、盛りだくさんの企画を、おかずクラブの2人がリポートします。 ご了承ください。 (2015年4月5日 - )• 前半は20歳でロン・ティボー国際音楽コンクール入賞を果たしたフランスの俊英シャマユを迎えて、シューマンのピアノ協奏曲。

16
番組概要 『クラシック音楽館』(クラシックおんがくかん)は、NHK Eテレで2013年4月7日から放送されている日本のクラシック音楽番組。 実質的には、前年度までBSプレミアムで日曜早朝に放送していた「特選オーケストラ・ライブ」が地上波に移転したものである。
館 クラシック 音楽

司会は林田理沙アナウンサー。

16
2時間にわたって、N響定期公演をはじめクラシックのコンサートをノーカットで紹介します。
館 クラシック 音楽

(2013年4月7日 - 2014年3月30日)• ソリストとして人気の若手ピアニスト・反田恭平も登場します。 日曜 21:00 - 23:00(最終週の番組が「」などの他の芸能番組に差し変わるときは休止) 出演者 [ ] 案内役、聞き手• 概要 [ ] それまでの『』や『』から受け継ぎ、の定期演奏会を中心としたクラシックコンサートをノーカットで放送する大型芸術鑑賞番組。

14
後半はザンデルリングが敬愛する作曲家、ブルックナーの交響曲第4番。 実質的には、前年度までで日曜早朝に放送していた「」が地上波に移転したものである。
館 クラシック 音楽

(2015年4月22日・サントリーホール)「コンサートプラス」は、N響メンバーによる木管三重奏でバッハの「3声のシンフォニア」。

6
「歌劇「ウィリアム・テル」序曲から」 ロッシーニ:作曲 (管弦楽)NHK交響楽団、(指揮)原田 慶太楼 (3分20秒) ~2019年8月4日 NHKホールで収録~ 「ハンガリー舞曲 第5番」 ブラームス:作曲 (管弦楽)NHK交響楽団、(指揮)原田 慶太楼 (2分32秒) ~2019年8月4日 NHKホールで収録~ 「スラブ舞曲 第1番 作品46」 ドボルザーク:作曲 (管弦楽)NHK交響楽団、(指揮)原田 慶太楼 (4分07秒) ~2019年8月4日 NHKホールで収録~ 「歌劇「イーゴリ公」から「ダッタン人の踊り」」 ボロディン:作曲 (管弦楽)NHK交響楽団、(指揮)原田 慶太楼 (11分27秒) ~2019年8月4日 NHKホールで収録~ 「ラプソディー・イン・ブルー」 ガーシュウィン:作曲 (管弦楽)NHK交響楽団、(指揮)原田 慶太楼、(ピアノ)反田 恭平 (20分08秒) ~2019年8月4日 NHKホールで収録~ 「「アルルの女」組曲 第2番 から「メヌエット」」 ビゼー:作曲 (管弦楽)NHK交響楽団、(指揮)原田 慶太楼 (4分01秒) ~2019年8月4日 NHKホールで収録~ 「行進曲「威風堂々」 第1番」 エルガー:作曲 (管弦楽)NHK交響楽団、(指揮)原田 慶太楼 (6分25秒) ~2019年8月4日 NHKホールで収録~ 「バレエ組曲「エスタンシア」 から「マランボ」」 ヒナステラ:作曲 (管弦楽)NHK交響楽団、(指揮)原田 慶太楼、(ピアノ)反田 恭平 (3分27秒) ~2019年8月4日 NHKホールで収録~ 「管弦楽のためのラプソディ から」 外山 雄三:作曲 (管弦楽)NHK交響楽団、(指揮)原田 慶太楼 (2分18秒) ~2019年8月4日 NHKホールで収録~ 「大河ドラマ「真田丸」メインテーマ(ピアノ伴奏版)」 服部隆之:作曲 (バイオリン)三浦文彰、(ピアノ)江口 玲 (2分46秒) ~2019年2月チームラボ・ボーダレス(東京都江東区)~ 「バイオリン・ソナタ 変ロ長調 K. この他、地域で活躍するオーケストラや海外からのアーティストの日本公演なども随時取り上げて、日本のクラシックの音楽文化や舞台芸術文化を放送を通じて支援する番組である[1]。 地上波Eテレに大型の音楽・芸術鑑賞番組が復活します。
館 クラシック 音楽

6
。 。
館 クラシック 音楽

。 。 。

19
。 。
館 クラシック 音楽

20
館 クラシック 音楽

。 。

20
館 クラシック 音楽

。 。 。

14
。 。