Bmw4 シリーズ。 BMW、新型「4シリーズクーペ」日本発売 モデルラインアップは「420i」「420i M Sport」

シリーズ bmw4

BMWならではのショート・オーバーハング、ロング・エンジン・フード、流れるようなルーフラインにより、完璧なまでに美しくエレガントなプロポーションを形成。 ラインアップは、2L 直列4気筒BMWツインパワー・ターボ・エンジンを搭載し、最高出力180kW(245馬力)/5,000rpmを発生する「428iクーペ」、3L 直列6気筒BMWツインパワー・ターボ・エンジンを搭載し、最高出力225kW(306馬力)/5,800rpmを発生する「435iクーペ」を設定。

15
『440i xDrive』は時代に抗う反逆児 久々に乗った。
シリーズ bmw4

ホイールベース:2850mm• ルーフは112mm後方に伸ばされ、4ドアクーペらしい伸びやかなデザインとなった。 0 CSiなどの伝説的なブランドクラシックを参考にしている」とされている。

10
BMWオペレーティングシステム7. しかし今、自動車はそうした人間が感じ取るものを極力排除して、追い求めるのは安全性と快適性、それに燃費などにシフトされた印象がとても強い。
シリーズ bmw4

また、長年にわたりミドル・クラスのプレミアム・オープン・カー・セグメントをリードしてきたBMW3シリーズカブリオレに代わり、新たに4シリーズ 「435iカブリオレ」、「435iカブリオレ ラグジュアリー」、「435iカブリオレ Mスポーツ」を設定。

グランクーペには、2L 直列4気筒DOHC BMWツインパワー・ターボ・エンジン搭載の「420iグランクーペ」、「420i xDriveグランクーペ」を設定。
シリーズ bmw4

エントリーモデルには新開発された2Lのガソリンエンジンが搭載され、軽快な走りを実現。 420i クーペ:5,930,000円• 特別限定車では、「420iグランクーペ Mスポーツ」をベースとした「420iグランクーペ イン スタイル」(200台)、「420iグランクーペ Mスポーツ」をベースに「420iグランクーペ セレブレーションエディション イン スタイル」、関西地区限定モデル「420iグランクーペ スタイルマイスター」(限定67台)を設定。 その時代は長く続き、やがてグリル全体が薄くなると、今度は横に広がった。

ラインアップは、2L 直列4気筒BMWツインパワー・ターボ・エンジン搭載の「420iクーペ スポーツ」、「420iクーペ ラグジュアリー」、「420iクーペ Mスポーツ」、「430iクーペ スポーツ」、「430iクーペ ラグジュアリー」、「430iクーペ Mスポーツ」、3L 直列6気筒BMWツインパワー・ターボ・ガソリン・エンジンを搭載した「440iクーペ ラグジュアリー」、「440iクーペ Mスポーツ」を設定。
シリーズ bmw4

特別限定車では、「グランクーペ」の「Mスポーツ」をベースに「420iクーペ Mスピリット」、「420iグランクーペ Mスピリット」、「420i xDriveグランクーペ Mスピリット」を設定。

15
カブリオレには、3L 直列6気筒DOHC BMWツインパワー・ターボ・エンジン搭載の「435iカブリオレ」、「435iカブリオレ ラグジュアリー」、「435iカブリオレ Mスポーツ」を設定。 購入後初めてディーラー以外でのオイル交換を検討しています(YHにて)。
シリーズ bmw4

縦長のキドニーグリルは、BMWのクーペの伝統に従い、エンジンを冷却する空気をより多く取り入れることを狙った。 またインテリジェント4輪駆動システム「BMW xDrive」やMアダプティブサスペンション、Mディファレンシャルによって、悪路でも安定したコントロールとスポーティな走りを実現する。 ボディ・カラーは、特殊な顔料が配合された塗料を使用し、特別な工程で何層にも塗り重ねられることでより深みのある色合いを表現しているBMW Individual「シトリン・ブラック」、「シャンパン・クオーツ」の2色を用意。

5
ラインアップは、2L 直列4気筒BMW ツインパワー・ターボ・エンジン搭載の「420iクーペ スポーツ」、「420iクーペ ラグジュアリー」、「420iクーペ Mスポーツ」、2L 直列4気筒BMWツインパワー・ターボ・エンジン搭載の「428iクーペ」、3L 直列6気筒BMWツインパワー・ターボ・エンジン搭載の「435iクーペ」を設定。
シリーズ bmw4

納車は11月以降を予定している。 先代BMW 3シリーズクーペに比べ、全高が25mm低くなるとともに、前後のトレッドが大幅に拡大し、ワイドで低く構えたスタンスが卓越したスポーツ性を強調。 オイルフィルターは取り扱いがないため、持ち込みます(既に調達済み)。

15
BMWならではのショート・オーバーハング、ロング・エンジン・フード、流れるようなルーフラインにより、完璧なまでに美しくエレガントなプロポーションを形成。 内装には各ボディ・カラーと美しいコンビネーションをおりなす個性的なカラーのダコタ・レザー・シートが採用されており、シリアルナンバーが付いた限定車バッチが輝く専用のウッド・トリムとともに限定車ならではの特別感を演出。
シリーズ bmw4

8速スポーツATトランスミッションを組み合わせる。

13
納車開始は、本年11月を予定している。 4シリーズは、3シリーズの派生モデルとして2013年に初代モデルが誕生。