陸自 飯。 陸自飯グランプリの驚きメニュー イチ押し自衛隊メシが登場

飯 陸自

ラーメンとカレーそれぞれの相性を高めながら味を追求したとろみのあるスープ。 全国に約160カ所ある駐屯地や分屯地の食堂では、栄養士の資格を持つ隊員が考案した1日3食の「給食」が提供され、過酷な任務にあたる隊員の活力源になっている。 なので、現在の完成形は隊員たちの声を反映したものになっています。

下味は塩味でシンプルに、揚げた後に甘辛いたれを絡めています。
飯 陸自

自衛隊関連のDVDを多数手がけているほか、映画『まっ白の闇』(こちらは動画視聴サービス各社で配信中)では日本芸術センター第9回映像グランプリ賞(大賞)を受賞した映画監督兼映像ディレクターの大島孝夫氏(下写真)です。 うなぎボーン(骨) 10g 【作り方】• 【材料】(4人分)• うなぎと鶏のギャップが素晴らしい では実際に基地の「空上げ」はどんな味がするのでしょうか。 取材に協力してくださった監督に感謝! 大島監督が手掛けたドキュメンタリー『ポセイドンの涙』は、東日本大震災における海上自衛官と彼らに関わった人々の物語。

17
上白糖 20g• たれ作りが終わった鍋はこの通り、洗ってピッカピカ! 揚げる前の鶏肉は清酒と塩に漬け込んでおきます。 飛行機好きの筆者としては、陸海空自衛隊の広報施設の中でこのエアーパークがいちばん好きです。
飯 陸自

そしてついに「定番料理を作り、空自統一の食文化として普及させる!」と立ち上がったのです。

写真提供:航空自衛隊 こちらが三ヶ日みかん 白玉ねぎ風味。 うなぎ風味はやや甘めの味付けで、コクがあり思わずご飯をおかわりしたくなる味です。
飯 陸自

たれを絡ませた鶏肉はこんな感じ! これを記念会食用にパック詰めしていきます。

17
煮詰めすぎるとたれがどろっとしてしまいます。
飯 陸自

陸自飯グランプリには計約370種類のメニューがエントリー。 前出の酒井さんはさまざまな特産品で空上げを試すなか、海産物と鶏肉では味がぶつかり合ってしまったと話していましたが、うなぎは「鶏の唐揚げ」というそれだけで十分おいしい一品を、さらにグレードアップさせています。 管制塔から基地の全景を見せてもらいました。

8
の空上げは「うなぎ」と「みかん」 では井口さん、基地の空自空上げのお味は? 井口さん:基地の空自空上げは「うなぎ風味」と「三ヶ日(みっかび)みかん 白玉ねぎ風味」の2種類があります。 予選は19~23日に陸自ホームページ上のネット投票で行われ、4部門に計約370種類のメニューがエントリーした。
飯 陸自

全国の駐屯地などの給食約370品がエントリー。 今の味になるまでは試作を重ね、そのたびに食べた隊員からアンケートという形でもらった意見を反映させていきました。

17
下味に醤油を使っていないので揚げ色がつきにくく、見た目で「おいしそうだな」と感じる衣の色だとすでに揚げ過ぎで、肉がぱさついてしまっています。 塩と清酒で漬け込む(30分~1時間程度)。
飯 陸自

その場合のコツは? 樋口さん:基地ではうなぎの骨を出汁にしてたれを作っているのですが、家庭ではそれは難しいと思うので、「市販の蒲焼」のたれを代用してください。

10
上白糖、みりん、醤油、たまり醤油を合わせて蒲焼きのたれを作り、素焼きしたうなぎボーンを加えて5~6分煮込み粉山椒を加える。
飯 陸自

どちらもすごくおいしいので、今後は市内の飲食店などと連携して、一般の方にも食べていただけるような機会を増やしていきたいですね。

月曜日から木曜日まで、毎日4人の記者が、VTRでネタをプレゼンテーション。 全国の基地内の隊員食堂で提供されている唐揚げに「空上げ(からあげ)」の文字を当て、基地ごとに個性あふれるオリジナル空上げを提供するようになりました。