災害 ボランティア 服装。 ボランティアに参加する時の服装は?季節ごとの服装や持ち物のおすすめ

服装 災害 ボランティア

ケガ防止のために肌を覆うことができる服装で活動します。

STORY 8 ボランティアの心のケア• <使わなかった道具> ・スコップ ・十能 ・小さいスコップ類 <その他> ・トイレを心配していましたが、お寺のトイレを使わせてもらえました。 被災直後は物資が最も必要な状況であったとしても、さらに二次災害などで物資よりも必要なことがでてくることもあるのです。
服装 災害 ボランティア

事前にボランティアセンターから発信されるSNSやホームページなどの情報を、よく確認しておく必要があります。 男性陣はスコップで外の泥出しや、高圧洗浄機で外した窓や網戸などをきれいにしました。

2
災害備えんジャー( )です。 ただし、被災の規模が大きく、避難生活が長期化するほど、 ボランティアのニーズは多様です。
服装 災害 ボランティア

そして 震災直後と、復興が進んだ後はボランティア内容が異なります。 STORY 5 ボランティアのボランティア• ・トイレは汗をかくので、活動中に1回だけで済みました。

2
服装 災害 ボランティア

3 帽子 直射日光をさえぎる (日射病・熱射病対策) 4 マスク 粉塵を吸い込まないようにするため。 持参したほうが良い持ち物 ・食料(できれば滞在日数分) ・水 ・活動時以外に履く靴(サンダルでも可) ・スーパーの袋 ・虫除け&虫刺され用の塗り薬 ・ウェットティッシュ ・大人用のおしりふき(汗拭きだけでなく体を拭くことにも使えます) ・応急手当用品(絆創膏・消毒液) ・ラップ(食器洗い不可) ・ラジオ(情報収集用) ・懐中電灯 ・飴やチョコレートなど ・携帯電話の補助充電器(電池式充電器) ・レインコートなど雨具(防寒具にもなるのでできれば!) ・日焼け止め ・目薬 ・ラジオペンチ ・ホイッスル ・携帯用アイスノン(暑い時期の熱中症防止のため) ・健康保険証(コピーでも可) 災害ボランティアとして参加するときには、できればこれくらいは最低用意、準備してからにしてください。 台風19号支援通信 台風19号は関東甲信越や東北などの広い地域に被害をもたらした。

6
真剣さと笑顔を織り交ぜて• この言葉は極力使わないようにしましょう。 また 東日本大震災義援金など、確定申告をすることにより寄付金控除となる場合もあります。
服装 災害 ボランティア

自分が役に立てそうな作業内容の募集を探して、被災地ボランティアに参加するのがよいですよ。 実際に行ってみて、わかったことや感じたことをそれぞれ各日ごと、必要だったものなど書き記しておきます。

それは 写真です。
服装 災害 ボランティア

災害ボランティアに参加される方は、恐らく 床上浸水したお宅の家財および土砂の運び出しが主な作業内容になるものと予想されます。 災害備えんジャー( )でした。 ボランティアへ行くためには、何よりもまず被災地の現状を知る事が大切です。

14
損害保険に加入する 万が一に備えて、保険に加入しておくというのもおすすめです。